2019-09-20

マーケット日和2019全プログラム発表!

いよいよ11月3日のマーケット日和まで1ヶ月半あまりとなりました。

フライヤーも完成し、実行委員会を中心に着々と準備が進んでいます!

今年もマーケットエリアには200以上の出店者さんが集まるほか、実行委員、各務原中央図書館や中部学院大学など近隣施設でも特別企画を開催します。

今日から少しずつ出店者さんと企画のご紹介をしていきますので、当日までどうぞお付き合いください!


MARKET


今年も全店舗がコラボレーション出店。130組以上の飲食店や雑貨店が会場いっぱいに軒を連ねます。出店者さんのご紹介は明日から当日まで更新していきます。2019年も素敵な人やモノとの出会いがあるマーケットになりそうです。

SPECIALS

森のお食事会

※10月11日0時〜ご予約スタート。お申し込み方法はこちら

市民公園の真ん中にある金木犀の木の下に、 特別なレストランが現れます。 オーケストラのように、個性溢れるメンバー同士の、食のシンフォニーをお楽しみください。

●森のお食事会 11:00-13:00

[料理] Buona tavoloa Tricolore

[パン、ワイン] パンシノン

●おかしなお茶会 13:30-15:30

[tea ]annon tea house

[お菓子 ] 菓子工房さっちん

[テーブルディレクション ] 山の花

※近日中に予約開始予定です。お食事会の予約は今しばらくお待ちください。

チームこぼさら[会場装飾]

こんにちは、相性を嗜むをコンセプトに制作活動をしているチームこぼサラです。今回は一部の空間を利用して相性を表現いたします。テーマ「白と、嗜む」。揺れ動く風、輝きかける光、刻々と移り変わる情景の中で、何が映し出させれるのか。天気を祈ります。

MUSIC

アイルランドのおと

昨年に引き続き出演のフィドル小松大さん、そしてギターの中村大史さん(tricolor,John John Festival)がマーケット日和に初登場です。人々の暮らしの中で生まれたアイルランドの音楽は、軽やかなダンス曲や切ないフレーズなどたくさんの表情があります。フィドルとギターのデュオで美しい秋の一日をいろどります。

中村 大史 / Hirofumi Nakamura ギター

新しい景色を求めて日々を遊歩する、旅の多い音楽家。幼少期よりピアノに親しみ、その後ギター、ブズーキ、アコーディオン、マンドリン、バンジョー、ピアノ等様々な楽器を演奏するようになる。tricolor, John John Festival, O’Jizo 等のアイルランド音楽バンドやアコーディオンデュオmomo椿* でのライブ・コンサート・創作活動、様々なライブサポートや録音参加、芝居・コンテンポラリーダンス・映像の音楽を担当する等、活動は多岐に渡る。北海道生まれ、東京芸術大学音楽環境創造科卒。2015年春、季節と日々の生活に寄り添う食事と音楽 をテーマにした「食堂・音楽室 アルマカン」を吉祥寺にオープン(2017年冬 閉店)。2017年春、ソロアルバム「guitarscape」リリース。

小松 大 / Dai Komatsu フィドル

フィドルとヴィオラというふたつの楽器を手に、人と場所と音楽をつなぐミュージシャン。‘’人々の近くにある音楽’’をテーマにライブハウス、カフェ、マルシェなどでの演奏を日々続けている。ギタリスト山本哲也とのデュオDai Komatsu & Tetsuya Yamamotoで2枚のCDをリリース。引田香織をボーカルに迎えた新ユニットFrancisのフィドルも担当。2019年春に株式会社Ode(オード)を立ち上げ現在CEOとして豊洲スタイルマーケット、岡崎トレッドゴードマーケットなどの音楽プロデュースを行っている。マーケット日和は3回目の出演となる。愛知県立芸術大学出身。

大橋 志麻(アイリッシュハープ)

9歳よりクラッシックハープをはじめ、12歳の時に長屋梨沙氏に出会いアイリッシュハープを始める。その後アイルランドに渡りJunshi Murakami氏、Grainne Hambly氏に個人レッスンを受けるほか、アイルランドのハープフェスティバルに複数参加。2018年より演奏活動を本格的に開始し、フルートの瀧澤晴美とデュオFionaを結成する。岡崎トレッドゴードマーケットや晴耕雨読市、長久手文化の家などに出演。

チュラパンスティールバンド

スティールパンプレイヤーとして関東を拠点に活躍するみやもとまいこと、 ちゅらちゃんの愛称で親しまれるタナカミサトを中心に、2018年に結成。 子どもから大人まで、幅広い年代で構成される岐阜のスティールパンバンド。大人も子供もみんなで楽しく演奏します ドラム缶をたたいて出来た楽器とは思えないトロピカルな音色は、 世界でいちばん人の心を癒す楽器とも言われている。

リュクサンブール公園

アコーディオンとパーカッションの女子バンド、1998年結成。大阪を拠点にメンバーそれぞれ独自の活動をしながら、時おり共にゆるやかな音楽を奏でる。メロウでポップなオリジナル楽曲は独特の世界観があり、あたたかなアコーディオンの音色が響く。

手廻しおるがん かごやか

街から街へ、優しい音色をお届けします。

EVENTS

岐阜の氷会

※10月10日23時〜ご予約スタート。お申し込み方法はこちら

今年で4回目となる 「岐阜の氷会」
東京から初お目見えの超有名店も含めて 全国の人気かき氷店6軒に集まってもらいました。
出店店舗名(6店舗)
志むら(東京)、氷屋ぴぃす (東京)、ほうせき箱 (奈良)、べつばら (大阪)、蛍茶園 (大分)、スコーピオンズ(♧△☆)

各務野市民大茶会

各務原市民公園を会場に各務野市民大茶会を開催します。 和の空間を存分にご堪能ください。

EXHIBITION

戸部善晴 WORK 2019

各務原市在住で日展や日洋会を中心に精力的に作品発表を続けている戸部善晴(洋画家)の個展を開催します。

絵本クリエーター展 各務原2019

『絵本クリエーター展 各務原2019』は、今年7月に名古屋で開かれ、好評を博した展示会を「マーケット日和」の開催時期にあわせて各務原でも展開するものです。この展示会でご紹介する絵本クリエーターは、岐阜県と愛知県で活動する者で構成されています。地元各務原市出身の岡田新吾氏と星野雨氏も参加します。各クリエーターの作品は大型パネルでご案内し、ご希望があれば購入も可能です。多彩な作品が一堂に会する絵本のイベントにぜひお越しください。

TALK SHOW

澤田瞳子トークショー「歴史小説とはなにか」 

マーケット日和に、歴史小説家・澤田瞳子氏をお迎えしてトークショーを開催します。トークショー後は、先着50名にサイン会も行います。

LIBRARY

アウトドアライブラリー 移動図書館さつき号

日頃は市内を走り回っている移動図書館者が初出店。木々に囲まれた中で、ゆっくりと読書をお楽しみください。気に入った本は貸し出しができます。その際は図書館の「利用カード」をご提示ください。

ブックGO! キミも本はかせになろう!

みなさんが日頃手にする図書館の本をもっと知ってほしい! 図書館ワークショップでは製本または装備の体験ができます。また当日は本の病院も開院します。

わたしの1冊!気軽にトーク

今年で5回目になる「わたしの1冊!気軽にトーク」(ビブリオバトル)。自分のオススメ本の魅力を、5分間で紹介する書評ゲームに参加してみませんか?発表の最後に、どの本が一番読みたくなったか、発表者と観覧者の投票で「チャンプ本」を決定します。参加者全員に参加賞、入賞者には賞品があります!今回は、CBCラジオ「私のPON棚」でおなじみの書評家・大矢博子さんをゲストにお迎えします!大矢さんのプレゼンテーションもありますので、お楽しみに!皆さんのご参加お待ちしています!


明日からは出店者さんと、各企画の詳細を少しずつアップしていきます。

マーケット日和当日を楽しむために、ぜひご覧いただければ嬉しいです。


マーケット日和2019

日時 2019年11月3日(日曜日・祝日)午前10時~午後4時

会場 各務原学びの森・市民公園